看護部紹介

看護部

  • 看護部長あいさつ
  • 看護部理念
  • 看護部体制
  • 看護部教育

看護部長あいさつ

看護部長
当院は一般病棟、回復期リハビリテーション病棟、医療療養病棟を有したケアミックス型の病院です。

「この街で安心・生きがい・感動づくりを」の基本理念のもとに、看護部は、『患者さまの権利を尊重し、心のかよう看護を提供します』を理念に掲げ、患者さまの視点に立ち、やさしく温かな看護と感じていただけるよう努めております。

看護・介護の質の向上を目指し、年間教育計画に基づいた院内教育の充実はもとより、院外研修や様々なキャリアアップの支援があり安心して学べる環境にあります。

また、実践から離れていた看護職や未経験の介護職の方々にも、安心して仕事に就いていただけるように研修プログラムを整えております。

働きやすい職場環境でなければ、良質なサービスの提供が出来ないとの思いから、「しっかり働いて、しっかり休む」を考慮した勤務シフトに努めております。

院内には趣味やスポーツを通した愛好会やクラブ活動(岳楽会(山岳)・華道部・テニス部・野球部他)もあり他職種の交流の場もあります。

看護・介護職が支え合いながら、共に学び働きやすい職場環境を目指している当院へ、どうぞ見学に来てください。お待ちしております。 

看護部長 加藤まつ子

看護部理念

nurse_policy01

nurse_policy02

看護部体制

勤務体制

勤務形態 二交代制
勤務時間 日勤 08:30~17:15
     夜勤 16:30~09:00
     ※早出・遅出勤務あり

看護単位

4単位 230床 入院基本料
一般病棟 (60床) 10:1
回復期リハビリ病棟 (60床) 13:1(回復期リハビリ1)
医療療養病棟 3階(60床) 20:1(医療療養1)
1階(50床) 20:1(医療療養1)
nurse_unit01

一般病棟
病床数60床と一般病棟としては大所帯の病棟です。平成26年3月から整形外科の手術を開始し、慌ただしい病棟ではありますが、患者さまの感謝の言葉を支えに日々心のこもったケアを心掛けております。

リハビリは、「術後」「脳血管」「がん・呼吸器」を行い、緩和医療や個々の患者さまに寄り添った看護を提供できるように日々研鑽に努めております。
回復期リハビリテーション病棟
開放感のある広いホールを構える回復期リハビリテーション病棟です。脳疾患、整形疾患の急性期を終えた患者さまを対象に365日リハビリを行っております。

入院初日から、患者さまやご家族がどのような『思い』を持たれ、リハビリを希望しているかを確認しております。他職種による日々の情報交換やカンファレンスを行い、その人の視点に立った『ゴール』を設定してまいります。
そして、リハビリで獲得した動作を、生活の場で活かせるように、私たちは病棟での日常生活援助を行っております。また、患者さまやご家族が笑顔となれるよう心身に寄り添ったケアを心掛けております。
3階医療療養病棟
当病棟では長期療養患者さまが多いため、療養生活を快適に過ごしていただけるよう援助しております。ベッドサイドケアはもとより、敬老会などのレクリエーション活動も取り入れ患者さま、ご家族の皆さまに安らぎの場を提供しております。

スタッフ一同、患者さまの笑顔を心の糧とし、個々に寄り添ったケアを行ってまいります。
1階医療療養病棟
医療療養病棟は、急性期の治療を終えた後も、医療の依存度が高く、病院で継続的な療養が必要な患者さまや、在宅療養に向け調整を行っている患者さまが対象の病棟です。在宅療養に向け、ご本人およびご家族共に不安を抱えておられると思いますが医師・看護師・医療相談員・リハビリ・栄養士などチームでサポートいたします。

入院生活では、四季折々の風情を感じていただけるような工夫をして患者さまの笑顔、言葉を引き出すように接し、看護・介護職の連携で質の高いケアの提供に努めております。
手術室
平成26年3月から整形外科手術がスタートし、脊椎手術を多く行っております。

患者さまが安心して手術が受けられるように、術前訪問を行い不安の軽減に努めております。また、手術が安全に円滑に行えるよう日々努力を重ねております。
外来
内科、外科、整形外科、消化器内科、リウマチ科、婦人科、循環器内科の診療補助業務にあたっております。

常に笑顔で、患者さまやご家族の方々が安心して診察、検査、治療を受けていただけるよう丁寧な説明を心掛け、日々技術や知識の向上に努めております。

ケア風景

nurse_unit_img07

nurse_unit_img08

看護部教育

nurse_education01

看護部教育委員会では、職員が自分の看護・介護に自信と責任をもち
向上心を持ち続け、自己研鑽ができるよう継続教育の実践をめざしています。

一人ひとりの個性・能力を引き出す教育体制を追求し、院内研修会を開催しています。
さあ、共に学び、成長していきましょう!

看護部教育目的

  • 看護・介護職員における、看護・介護技術の習得と向上をめざす
  • 臨床において質の高い看護・介護を提供できる職員の養成
  • 看護職員が臨床において不安なく業務が遂行でき、やりがいや達成感を得るための支援

教育プログラム:平成27年度の例

 4月
新人研修
 5月
看護必要度、感染対策
 6月
看護記録、排泄の基礎知識、ME機器
 7月
尿道留置カテーテル、検査科の業務
 8月
摂食嚥下
 9月
医療安全対策
10月
感染対策、流動食品について
11月
感染対策、排泄ケア
12月
心電図、褥瘡・皮膚ケア、BLS、インスリンについて
 1月
医療安全対策、回復期リハ看護
 2月
看護・介護研究発表会
 3月
院内業務研究発表会
※看護協会等の研修会

研修風景

nurse_education_img01

nurse_education_img02

page-top